少し寒い朝・・・

KIMG0033.JPG

2013年の今日、わが町は冬景色だったようです。


2019年の今朝は、マイナス1度!!

霜で真っ白になっていました。

晴天の一日になりそうですが、このぶんでは 今夜は放射冷却で
もっと気温が下がるかもしれません。


今、馬に乗って 一番気にしていることは「馬が内方姿勢をとること」
と「人が反対姿勢にならないこと」


この前、ふぇりくんに騎乗しているとき
すぐ隣の馬場で、調馬策で運動している馬を見ました。

なんと 彼は、顔を外側に向け 外方の方を内に入れて輪乗りをしていました。


野生馬の回転でしょうか・・・


それと反対の姿勢で輪乗りをすれば「内方姿勢」を保てるという事が良くわかる出来事でした。

反面教師です。 

私の場合、例えば「隅角通過」をしているとすると
① 内方脚で押してから
② 内方の拳を握るか、ちょっと肘から引いて
  顔を曲がるほうに向けて
③ 同時に顔が向くというか、首が湾曲し易いように
  外方の拳をちょっと前に出して
④ 隅角を通過後に、外方の拳を元に戻して 馬を真っすぐにする。


という感じで内方姿勢を作りますが
如何せん 外方の拳が緩みすぎて、せっかく譲ってくれていた
ハミが外れるという事故が多発してしまいます。


  指導者によっては、外方の拳を緩めるなんてとんでもないと言われるときもあります。

  でも・・・ 人馬共に気持ちよく乗れてこそ 乗馬であって馬術だと思う今日この頃。

  気持ちよくお付き合いしていると、いざという時に協力してくれそうな気がします。

  こんなことを言っているから、「馬に頼りすぎ。」と注意されるのかもしれません。


しかし、まあ ちゃんと調教された「ふぇりくん」は
内方姿勢を理解し、自分で調節しながら 運動しやすい姿勢を維持します。


「右の手綱が弱いよ~」とか 「もっと左に乗らな俺がしんどい!!」
とか しょっちゅう注意されます。


馬の声を聴くことは、難しいですが 話してくれる馬に乗れる幸せを
感じながら 乗り続けたいと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント